関東経済産業局TOP > 施策のご案内 > バイオ/医工連携 > 平成27年度「第1回医療機器・ものづくり商談会」を開催します

平成27年度「第1回医療機器・ものづくり商談会」を開催します

終了しました。

 関東経済産業局では、医療機器産業の競争力とものづくり基盤の強化を目的に、我が国が誇る高度なものづくり技術の医療機器分野での活用を促進しています。このたび、当局では、東京都文京区を中心に集積する専業医療機器メーカー等が有する開発・改良ニーズと、広域関東圏の優れたものづくり企業が有する技術ソリューションを結びつけるため、平成27年8月24日(月)~28日(金)の5日間にわたって、東京都文京区の医科器械会館にて、専業医療機器メーカー等とものづくり企業とのマッチングを開催します。

開催概要

日程 平成27年8月24日(月)~28日(金)9:00~18:00     
※24日(月)のみ13:00~18:00
場所  医科器械会館
(東京都文京区本郷3丁目39-15)
主催 経済産業省関東経済産業局
事務局 三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社
共催 広域関東圏都県・政令市・産業支援機関、一般社団法人日本医療機器産業連合会、 一般社団法人日本医工ものづくりコモンズ(全て予定)
出席 要事前申込
内容 医療機器の開発・改良ニーズを有する医療機器メーカー15社とソリューション技術を有するものづくり企業との個別面談(1面談あたり30分程度)

参加する医療機器メーカー及びニーズ内容(15社)

※五十音順

企業名 ニーズ内容
アルケア株式会社 ①病院内で用いられる医療事故防止・療養管理の質をあげる製品
医建エンジニアリング株式会社 ①MRI室対応非磁性体周辺機器の開発
株式会社イマムラ ①軟膏自動噴霧機の開発
②介護用マイクロバブル風呂の開発
株式会社カワニシホールディングス ①薬を経管投与する場合の容器の改良
②MEDフレキシブルアームアッセンブリの改良
③患者から視線をずらさずに使用できる超音波診断装置
④診療材料情報活用システムの開発
⑤経食道エコーのプローブホルダー開発
⑥点滴スタンドの改良
川村義肢株式会社 ①小ロット対応:厚肉アルミ材切断及び縁処理、曲げ技術
②小ロット対応:成形合板加工
サノフィ株式会社 ①ペン型注入器用補助具の開発
②シリンジ用補助具の開発
第一医科株式会社 ①止血及び薬液塗布用デバイスの開発
②クリーンルームを活用しての医療機器製造
株式会社テルテック ①歯科用超音波及び高周波治療器の改良
東亜ディーケーケー株式会社 ①凍結乾燥バイオ試薬製造装置の開発
株式会社西川精機製作所 ①急速冷凍切片作製装置(クライオトーム)の改良
②全自動凍結切片作製装置(オートクライオトーム)の改良
株式会社パイオラックスメディカルデバイス ①医療用薄肉チューブの開発
株式会社フジタ医科器械 ①可搬型無侵襲血糖測定装置の開発
②白癬菌判定装置の開発
③駆血をしない血圧計の開発
株式会社プラトンジャパン ①審美性を向上したチタン製歯科用インプラントの開発
②手術器具のカラー化による識別性向上
株式会社ベアーメディック ①反射防止シートを利用しての医療機器開発
②穿刺器具の改良
匿名企業 ①低流量で精度よく血液、輸液を制御する技術

募集内容

対象 医療機器産業への新規参入や新たな取引先を求めるものづくり企業
条件 ①「参加する医療機器メーカー及びニーズ内容」に記載された医療機器メーカーのニーズに対して、自社技術によるソリューションの提案が可能であること。
②事後のフォローアップに協力的な企業であること。
③参加の可否については、「エントリーシート」及び「ソリューション提案シート」による書類確認を経て致します。
※エントリー頂いた全ての企業の参加をお約束するものではございません。
参加費 無料

お問い合わせ先

関東経済産業局地域経済部
次世代産業課ヘルスケア産業室 坂口、山中、坂田    
電話:048-600-0206(直通)

〒330-9715 埼玉県さいたま市中央区新都心1番地1 さいたま新都心合同庁舎1号館 電話・FAX番号はこちら

Copy Right 2010 Kanto Bureau of Economy, Trade and Industry All rights reserved.