TOP > 統計・資料 > 報道発表 >平成18年度 地域新生コンソーシアム研究開発事業及び地域新規産業創造技術開発費補助事業の採択テーマについて

平成18年度 地域新生コンソーシアム研究開発事業及び地域新規産業創造技術開発費補助事業の採択テーマについて

 関東経済産業局では、地域において産学官連携による事業化に直結する技術開発を行うことにより、新産業・新事業を創出し、地域経済の活性化を図ることを目的とした提案公募型の地域技術開発事業(下記1~3の3事業)を実施しています。
 平成18年度予算において、新規採択に係る公募を行ったところ、合わせて207件(全国775件)の応募がありました。
 この応募について、厳正な審査を行い、合わせて50件(全国208件)の採択を決定しました。

平成18年5月31日
関東経済産業局地域経済部技術企画課
技術振興課

事業名:1.地域新生コンソーシアム研究開発事業(委託費)
 (地域モノ作り革新枠)
  応募7件、採択2件(全国 応募25件、採択6件)

事業名:2.地域新生コンソーシアム研究開発事業(委託費)
 (他府省連携枠、一般枠、中小企業枠)
  応募139件、採択34件 (全国 応募573件、採択152件)
  ①他府省連携枠 応募18件、採択 6件  (全国 応募80件、採択20件)
  ②一般枠  応募64件、採択14件  (全国 応募239件、採択59件)
  ③中小企業枠 応募57件、採択14件  (全国 応募254件、採択73件)

事業名:3.地域新規産業創造技術開発費補助事業(補助金)
       応募61件、採択14件 (全国 応募177件、採択50件)

【資料】
資料1 各事業の概要
資料2 平成18年度地域新生コンソーシアム研究開発事業(地域モノ作り革新枠)採択プロジェクト
資料3-1 平成18年度地域新生コンソーシアム研究開発事業(他府省連携枠)採択プロジェクト
資料3-2 平成18年度地域新生コンソーシアム研究開発事業(一般枠)採択プロジェクト
資料3-3 平成18年度地域新生コンソーシアム研究開発事業(中小企業枠)採択プロジェクト
資料4 平成18年度地域新規産業創造技術開発費補助事業採択プロジェクト

【お問い合わせ先】
事業1及び2
  地域経済部 技術企画課  TEL 048-600-0237  担当:藤本・北原
事業3
  地域経済部 技術振興課  TEL 048-600-0286  担当:竹内・小泉・鈴木

資料1 各事業の概要

1.地域新生コンソーシアム研究開発事業(地域モノ作り革新枠)

①事業の概要
 本事業は、地域の産業集積内に存在する優れたモノ作りの要素技術を持つ中堅・中小企業群と、高度な技術シーズ・知見を持つ大学等が、産学官の強固な共同研究体制(地域新生コンソーシアム)を組み、それぞれが有する技術を持ち寄り、これを摺り合わせることによって、複数の製品の中核部品として組み込まれるような付加価値の高い高度な機能を持つ部材(高度機能部材)の実用化研究開発を実施する。
 ここで言う高度機能部材とは、複数の要素技術(材料創生、加工、計測・評価、製造技術等)を組み合わせ、摺り合わせることによって作られる、高度な機能を持つ部品・材料であって、多様な製品分野への展開が期待されるもので、例えば光学部材、センシング部材、高耐久性部材等を指す。


コンソーシアム概要
②委託の対象となる要件
・核となる要素技術は、モノ作り産業に関連する技術分野のものであること。
・開発目的とする5種類以上の高度機能部材は、要素技術の摺り合わせ無くしては実現できないものであって、かつ、新たな複数の製品に結びつくものであること。
・要素技術を摺り合わせる段階、それらの技術による試作を試行錯誤する段階等において、参加者が結集することが必要な研究開発であること。また、そのための場が確保されていること。

③契約形態、委託金額、研究開発期間
・契約形態:委託契約
・1件当たりの委託金額:原則、初年度目3億円以内、2年度目以降各2億円以内
・研究開発期間:3年以内(委託契約日から最長平成21年3月31日まで)
 

2.地域新生コンソーシアム研究開発事業(他府省連携枠、一般枠、中小企業枠)

(1)他府省連携枠

①事業の概要
 本事業は、地域において新産業・新事業を創出し、地域経済の活性化を図るため、大学等の技術シーズや知見を活用した地域における産学官の強固な共同研究体制(地域新生コンソーシアム)の下で、知的クラスター創成事業等他府省の研究開発施策で生み出された優れた技術シーズを活用し、実用化に向けた高度な研究開発を実施する。


コンソーシアム概要
②委託の対象となる要件
・地域の大学・公的研究機関と民間企業等が研究開発共同体を構成すること。
・提案は管理法人が行うこと。
・知的クラスター創成事業等他府省の研究開発施策で最近行われた研究開発から生まれた優れた技術シーズを活用すること。(提案対象年度において進行中の研究開発も含むが、過去3年より前に終了しているものは除く。)
・上記技術シーズであり、本事業での実用化・事業化に向けた取組みが継続して必要と認められること。
・他府省の研究開発施策に参画し、かつ当該技術シーズ・知見を有する者をコンソーシアム構成メンバーに含むこと。

③契約形態、委託金額、研究開発期間等
・契約形態:委託契約
・1件当たりの委託金額:原則、初年度目1億円以内、2年度目5千万円以内
・研究開発期間:2年以内(委託契約日から最長平成20年3月31日まで)

(2)一般枠

①事業の概要
 本事業は、地域において新産業・新事業を創出し、地域経済の活性化を図るため、大学等の技術シーズや知見を活用した地域における産学官の強固な共同研究体制(地域新生コンソーシアム)の下で、実用化に向けた高度な研究開発を実施する。

コンソーシアム概要

②委託の対象となる要件
・地域の大学・公的研究機関と民間企業等が研究開発共同体を構成すること。
・提案は管理法人が行うこと。

③契約形態、委託金額、研究開発期間等
・契約形態:委託契約
・1件当たりの委託金額:原則、初年度目1億円以内、2年度目5千万円以内
・研究開発期間:2年以内(委託契約日から最長平成20年3月31日まで)

(3)中小企業枠

①事業の概要
 本事業は、地域において新産業・新事業を創出し、地域経済の活性化を図るため、中小企業を中心とする地域における産学官の強固な共同研究体制(地域新生コンソーシアム)の下で、実用化に向けた高度な研究開発を実施する。


コンソーシアム概要

②委託の対象となる要件
・地域の大学・公的研究機関と中小企業等が研究開発共同体を構成すること。
・提案は管理法人が行うこと。
・中小企業による事業化に直結する研究開発であること。

③契約形態、委託金額、研究開発期間等
・契約形態:委託契約
・1件当たりの委託金額:原則、初年度目3千万円以内、2年度目2千万円以内
・研究開発期間:2年以内(委託契約日から最長平成20年3月31日まで)

3.地域新規産業創造技術開発費補助事業

①事業の概要
 本事業は、地域において新産業・新事業を創出し、地域経済の活性化を図るため、企業等が行うリスクの高い実用化技術開発を支援する。
コンソーシアム概要

②補助の対象となる要件
・民間企業等であること。
・技術開発終了後、直ちに事業化できるもの。

③補助金額・補助率・技術開発期間等
・1件当たりの補助金額:原則、3千万円~1億円/年 以内
(2年度目は大幅な減額があり得る。)
・補助率:原則1/2以内
 ただし、以下に該当する場合は補助率2/3とする。
a.大学等発ベンチャーによる技術開発
b.大学等からの技術支援を受けて実施する技術開発
c.3R(リデュース、リユース、リサイクル)技術の実用化により循環型社会の構築に資する技術開発
・技術開発期間:2年以内(交付決定日から最長平成20年3月31日まで)

平成18年度 地域新生コンソーシアム研究開発事業(地域モノ作り革新枠)採択プロジェクト 資料2

地域 テーマ名 管理法人
(委託先)
プロジェクトマネージャー名 プロジェクトリーダー名 研究実施者(再委託先)
関東-1 光技術複合・融合化プロセスによる輸送機器用先端素材製造 財団法人浜松地域テクノポリス推進機構 柴田 義文
財団法人浜松地域テクノポリス推進機構
齋藤 隆之
静岡大学創造科学技術大学院
静岡大学、静岡県浜松工業技術センター、ヤマハ株式会社、日星電気株式会社、東海光学株式会社、 夏目光学株式会社、株式会社ブルックマン・ラボ、先生精機株式会社、日本カノマックス株式会社、 住友金属テクノロジー株式会社、日本軽金属株式会社
関東-2 光フロンティア領域を支える次世代機能性光学材料及び素子の開発 財団法人埼玉県中小企業振興公社 豊田 浩一
技術研究組合極端紫外線露光システム技術開発機構
和田 智之
株式会社メガオプト
独立行政法人理化学研究所、独立行政法人産業技術総合研究所、埼玉県産業技術総合センター、 埼玉大学、芝浦工業大学、株式会社オプセル、株式会社オプトクエスト、株式会社オプトラン、 株式会社住田光学ガラス、シグマ光機株式会社、タナカ技研株式会社、株式会社タムロン、株式会社フジノン、株式会社メガオプト

平成18年度 地域新生コンソーシアム研究開発事業(他府省連携枠)採択プロジェクト 資料3ー1

地域 テーマ名 管理法人(委託先) プロジェクトリーダー名 所属 研究実施者(再委託先)
関東-1
※3
きのこ廃菌床からの有用成分回収と活用 株式会社新潟ティーエルオー 宮内 信之助 長岡技術科学大学工学部 長岡技術科学大学、株式会社雪国まいたけ、株式会社ブルボン、一正蒲鉾株式会社、株式会社トーテック、新潟大学
関東-2
※2
高度安全環境対応型ブレーキ用極限性能エラストマーの実用化開発 日信工業株式会社 別府 潤一 日信工業株式会社 SRI研究開発株式会社、株式会社フコク、宮坂ゴム株式会社、興和ゴム工業株式会社、MEFS株式会社、信州大学、東京工業大学、愛知工業大学、京都工芸繊維大学、岡山県工業技術センター
関東-3
※5
超微量バイオ分子間相互作用測定システムの開発 財団法人千葉県産業振興センター 小原 收 財団法人かずさディー・エヌ・エー研究所 財団法人かずさディー・エヌ・エー研究所、株式会社プロテイン・エクスプレス、オリンパス株式会社、日東紡株式会社、有限会社ケアティス、株式会社数理システム、財団法人東京都医学研究機構、千葉大学
関東-4
※1
3次元編み技術による骨・皮膚・口腔再生医療のための新基材開発 財団法人にいがた産業創造機構 中田 光 新潟大学医歯学総合病院 新潟大学医歯学総合病院、東伸洋行株式会社、新潟大学、新潟県工業技術総合研究所、株式会社ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング、第一ニットマーケッテイング株式会社
関東-5
※6
機械製造装置の設計・保守・運営統合型ナビゲータシステムの開発 財団法人理工学振興会 萩原 一郎 東京工業大学大学院理工学研究科 東京工業大学、湘南技術センター株式会社、株式会社スリーディー、データ・ケーキベーカ株式会社、株式会社インターローカス
関東-6
※4
亜臨界水中燃焼法によるバイオマス処理・有効利用システムの開発 国立大学法人静岡大学 佐古 猛 静岡大学工学部 株式会社マキ製作所、清水建設株式会社、静岡県中小家畜試験場

※1~※6については、別表を参照。

平成18年度 地域新生コンソーシアム研究開発事業(一般枠)採択プロジェクト 資料3ー2

地域 テーマ名 管理法人(委託先) プロジェクトリーダー名 所属 研究実施者(再委託先)
関東-1 高安定大容量通信を実現するラム波共振子の研究開発 財団法人やまなし産業支援機構 中川 恭彦 山梨大学大学院医学工学総合研究部 山梨大学、リバーエレテック株式会社、株式会社グローバル、山梨県工業技術センター
関東-2 可搬型高エネルギーリニアックX線源の開発 株式会社ひたちなかテクノセンター 上坂 充 東京大学大学院工学系研究科 東京大学、株式会社アキュセラ、有限会社イーキューブ
関東-3 中性子利用による保温材下の塔及び配管の表面錆検査装置開発 財団法人日立地区産業支援センター 藤沼 良夫 茨城県工業技術センター 茨城県工業技術センター、株式会社日立エンジニアリングサービス、茨城大学、三菱化学株式会社、共立エンジニアリング株式会社、株式会社関東技研
関東-4 高輝度LEDと亜臨界水抽出法による薬用植物生産プロセスの構築 清水商工会議所 原 正和 静岡大学農学部 静岡大学、静岡県立大学、靜甲株式会社、静岡日立冷熱株式会社、株式会社鈴与総合研究所
関東-5 マイクロ流路を利用した実用的なELISAシステムの開発 株式会社つくば研究支援センター 岡田 孝夫 株式会社生体分子計測研究所 株式会社生体分子計測研究所、株式会社アプライド・ビジョン・システムズ、静岡大学、日本ハム株式会社
関東-6 機能性薄膜を付与した大型スクリーン製造技術の研究開発 富士吉田商工会議所 樋口 榮三郎 日東樹脂工業株式会社 日東樹脂工業株式会社、株式会社クリスタルコート、株式会社連携、山梨大学
関東-7 無機ナノ多孔性ろ過膜による高効率廃水リサイクルシステムの開発 財団法人造水促進センター 秋谷 鷹二 財団法人造水促進センター 独立行政法人産業技術総合研究所、日本調理機株式会社、平田機工株式会社、広島大学、熊本県工業技術センター
関東-8 次世代店舗を実現する無線ICタグ用高度リーダ/ライタの開発 サンデン株式会社 小島 政邦 サンデン株式会社 株式会社スマート、株式会社高崎共同計算センター、サンデンシステムエンジニアリング株式会社、群馬大学、群馬県立群馬産業技術センター、凸版印刷株式会社
関東-9 診断用デスクトップ型Immuno-MS検査システムの研究開発 株式会社つくば研究支援センター 黒岩 孝朗 株式会社山武 株式会社MCBI、株式会社島津製作所、株式会社免疫生物研究所、株式会社山武、筑波大学
関東-10 バイオ混合DME発電システムの実用化研究開発 財団法人にいがた産業創造機構 後藤 新一 独立行政法人産業技術総合研究所 独立行政法人産業技術総合研究所、北越工業株式会社、三菱ガス化学株式会社、伊藤忠商事株式会社、株式会社東邦アーステック、新潟工業短期大学、茨城大学
関東-11 グリーン製造技術を目指したドライプレス金型の実用化 地方独立行政法人東京都立産業技術研究センター 檜垣 昌子 山陽プレス工業株式会社 山陽プレス工業株式会社、財団法人東京都中小企業振興公社、日本工業大学、独立行政法人産業技術総合研究所、セントラル技研工業株式会社、株式会社タカハシテクノ、有限会社豊岡製作所、 株式会社製作所穂積、株式会社カサマテック、丸山金属工業株式会社、株式会社キョーワハーツ、株式会社フジキン、日本タングステン株式会社
関東-12 高精細な距離画像を高速に検出できる3次元画像センサの開発 財団法人NHKエンジニアリングサービス 會田 田人 大阪市立大学大学院工学研究科 大阪市立大学、ビジュアルデザイン株式会社、フジノン株式会社、株式会社新光電気
関東-13 塗装・印刷工場から排出されるVOCの循環効率的な除去処理技術 財団法人金属系材料研究開発センター 田中 茂 慶應義塾大学理工学部 慶應義塾大学、ユニチカ株式会社、ジャパンゴアテックス株式会社、株式会社STAC、株式会社林塗装工業所
関東-14 バイオマーカーを利用して皮膚機能を迅速、簡便に診断する新規システムの開発 財団法人木原記念横浜生命科学振興財団 宮崎 香 横浜市立大学木原生物学研究所 横浜市立大学、株式会社システムバイオティックス、株式会社ファンケル

平成18年度 地域新生コンソーシアム研究開発事業(中小企業枠)採択プロジェクト 資料3ー3

地域 テーマ名 管理法人(委託先) プロジェクトリーダー名 所属 研究実施者(再委託先)
関東-1 環境負荷低減を指向した機能性未来型建材の開発 財団法人栃木県産業振興センター 今本 啓一 足利工業大学工学部 吉澤石灰工業株式会社、株式会社安住、足利工業大学、日本大学、財団法人建材試験センター、栃木県産業技術センター
関東-2 モアレ法とパターン投影法による高性能新紙幣識別センサーの開発 財団法人やまなし産業支援機構 吉澤 徹 特定非営利活動法人三次元工学会 協南精機株式会社、特定非営利活動法人三次元工学会、山梨大学、山梨県工業技術センター
関東-3 実用的な廃棄羊毛溶解方法の確立と高性能繊維素材の開発 群栄商事株式会社 瀧上 昭治 群馬大学機器分析センター 群馬大学、丸三綿業株式会社、ミツミテニー株式会社、群馬県繊維工業試験場
関東-4 高性能超磁歪薄膜による微圧マイクロ力センサの研究開発 財団法人長野県テクノ財団 脇若 弘之 信州大学工学部 信州大学、長野県工業技術総合センター、有限会社スマ-トセンサ-テクノロジ-、株式会社太信、FDK株式会社、テクノエクセル株式会社
関東-5 バイオメトリック認証を利用したエージェントソフトウェアの開発 財団法人ニューメディア開発協会 小松 尚久 早稲田大学理工学術院 早稲田大学、株式会社エンベデッド・システム、北九州市立大学
関東-6 繊維市場ニーズに適応する多品種少量型整経・生産技術の事業化 特定非営利活動法人北関東産官学研究会 安藤 嘉則 群馬大学工学部 群馬大学、群馬県繊維工業試験場、有限会社スズキワーパー、株式会社ファブテックス
関東-7 波長可変温度波伝搬法を用いる材料評価技術と計測分析装置の開発 株式会社つくば研究支援センター 加藤 英幸 独立行政法人産業技術総合研究所 株式会社ベテル、独立行政法人産業技術総合研究所
関東-8 温泉水中のスカンジウムの捕集に関する研究開発 財団法人群馬県産業支援機構 玉田 正男 独立行政法人日本原子力研究開発機構 独立行政法人日本原子力研究開発機構、日本カーリット株式会社、株式会社アンザイ、株式会社群馬分析センター
関東-9 環境対応型6価クロムフリー硬質クロムめっきシステムの開発 硬化クローム工業株式会社 眞保 良吉 武蔵工業大学工学部 オテック株式会社、大森クローム工業株式会社、株式会社中央製作所、電化皮膜工業株式会社、日本化学工業株式会社、日本メッキ工業株式会社、株式会社フジクロム社、武蔵工業大学
関東-10 防爆・耐電磁ノイズ対応FBG圧力・温度複合センサの研究開発 株式会社スペースクリエイション 青木 邦章 株式会社スペースクリエイション 独立行政法人産業技術総合研究所
関東-11 極座標センサによる安全・高識別型虹彩認証エンジンの研究開発 財団法人金属系材料研究開発センター 伊藤 春雄 株式会社メディア・テクノロジー 株式会社メディア・テクノロジー、情報セキュリティ大学院大学
関東-12 2方向性珪素鋼板を用いた小型化可能・高効率モータ製造方法の開発 財団法人千葉県産業振興センター 菅 洋三 株式会社日本クロス圧延 株式会社日本クロス圧延、株式会社金属箔理化学研究所、オリエンタルモーター株式会社、三井電気精機株式会社、東京理科大学
関東-13 計算機ホログラムを利用したスキミング防止技術の開発 学校法人明治大学 田中 賢一 明治大学理工学部 株式会社オプトハイテック、株式会社バストインターフェイス
関東-14 超高感度簡易バイオセンサの開発 株式会社東京測器研究所 保坂 純男 群馬大学大学院工学研究科 群馬大学、熊本テクノ株式会社

<別表>本プロジェクトで活用する技術シーズを提供した他府省又は他府省が所管する独立行政法人の施策

  他府省等名 施策名
※1 文部科学省 都市エリア産学官連携促進事業
※2 文部科学省 知的クラスター創成事業
※3 農林水産省 農林業におけるバイオマスエネルギー実用化技術の開発
※4 農林水産省 先端技術を活用した農林水産研究高度化事業
※5 独立行政法人科学技術振興機構 地域結集型共同研究事業
※6 独立行政法人科学技術振興機構 研究成果最適移転事業 うち成果育成プログラムC

平成18年度 地域新規産業創造技術開発費補助事業採択プロジェクト 資料4

地域 テーマ名 企業名 技術開発実施場所
関東-1 機械加工面へのナノ結晶粒組織創製による高強度自動車部品の開発 株式会社ユニバンス 静岡県湖西市
関東-2 ノンフロンガス対応型カーエアコン用高耐圧部品の鋳造・金型技術開発 グンダイ株式会社 群馬県伊勢崎市
関東-3 交通事故防止を実現するための次世代ステレオカメラ技術開発 富士重工業株式会社 群馬県太田市
関東-4 超小型高出力可視レーザー光源用単結晶材料および波長変換素子の開発 株式会社オキサイド 山梨県北杜市
関東-5 補助人工心臓用コントローラ等の小型・高信頼化に関する技術開発 株式会社サンメディカル技術研究所 長野県諏訪市
関東-6 窒化物半導体の赤外線気相成長法による大型単結晶育成法の開発 株式会社クリスタルシステム 山梨県北杜市
関東-7 食品中のかび毒ニバレノールの迅速、簡便測定法の開発 協和メデックス株式会社 静岡県駿東郡長泉町
関東-8 単分散球状フェライト粒子の新規製造プロセスの実用化研究 パウダーテック株式会社 千葉県柏市
関東-9 可視光硬化型樹脂を用い体外固定処置用具及び光硬化器具の開発 アルケア株式会社 東京都墨田区
関東-10 2軸光ファイバ共焦点式高感度DNAチップリーダーシステム開発 古河電気工業株式会社 千葉県市原市
関東-11 超低加速電圧X線顕微検査装置の開発 株式会社東研 東京都調布市
関東-12 森林系バイオマスを原料とするトリジェネレーション装置の開発 株式会社ムラマツ 千葉県松戸市
関東-13 スケジュール・マッチング機能を持つ人材WEBシステムの開発 株式会社舞ロジック 東京都新宿区
関東-14 高純度シリコン廃棄物の高度再生技術の開発 株式会社アイアイエスマテリアル 千葉県市原市

〒330-9715 埼玉県さいたま市中央区新都心1番地1 さいたま新都心合同庁舎1号館 電話・FAX番号はこちら

Copy Right 2010 Kanto Bureau of Economy, Trade and Industry All rights reserved.